sikanosuke6’s blog

引き寄せ・潜在意識・宇宙の法則……その他こんなこと、あんなこと

未確認生物⁈ 死体遺棄⁈ 深夜帯の怪奇現象! 

 

パソコンに向かっていたら

 

窓の外辺りから

ドスッと物音が

 

おそらく吊るしてあった玉ねぎが落ちたのだろう。

腐った玉ねぎは 

臭い!

この上なく臭い!(@_@;)

あんなのが頭の上にでも落ちてきた日には最悪だ

臭くてたまったものではない。

 

ま、玉ねぎの臭い(くさい)話はさておき

 

その、物音で思い出した。

 

f:id:sikanosuke6:20191122133231j:plain

以前職場の病院で看護師の〇子ちゃんと夜勤をしていた時のこと。

 

 

……時間は深夜2時頃だったろうか

 

カルテを記載していると、窓の外から微かにが……?

 

ん?

気のせいか、音がだんだん大きくなり、近づいて来ている気が。

 

この真夜中に? なに⁉

 

ちなみに窓の外は

草むらの土手になっていて、川をまたいで向こう側も竹やぶみたいな斜面の土手になっている。

f:id:sikanosuke6:20191122144457j:plain

(こんなに山奥じゃありません)

 

その川向こうの竹やぶ辺りから

ガサガサと更に音は大きくなる

 

すると

 

バギッ‼ バギバギバギ! バギッ‼

 

 f:id:sikanosuke6:20191122143242p:plain

 (わたしと謎の生き物とは一切関係がございません)

 

 「ヒャーッ‼」

思わずしがみつくふたり。

 

「 なに? いまの」

「え? ひと?」

「こんな時間に?」

「てか、外、川……」

「う、ん……」

 

「死体、遺棄⁈」

 

ンなこと言いながら何気に楽しんでる女二人

 

 

恐る恐る

 

カーテンを

 

ほんの

 

少し

だけめくり

 

f:id:sikanosuke6:20191122141825j:plain

窓の外に

目をやる

 

見えるわけない。

 

闇夜の夜中

2時です

 

 

ここでよく考えてみよう

 

向こうは外で暗い

こちらからは見えない。

が!

 

向こうからはこちら詰所の明かりで

私たちの姿はしっかり捉えられている(;''∀'')

 

    f:id:sikanosuke6:20191122141916j:plain

私たちとしたことが迂闊だった!

 

「どうする? 死体遺棄してるとこ見られたと思って口封じにこっちに来るかも⁈」

「はっ、確かに! でも気になるじゃん」

 

と、

 

突然!

゛ザッバーーーン‼  バシャッ、バシャッ”

 f:id:sikanosuke6:20191122142059j:plain


 

へっ?

落ちた?

捨てた?

突き落とした?

飛び込んだ?

なにが?

なにを?

どうした?

 

女ふたり益々好奇心は募るばかり

怖いもの見たさで懐中電灯で照らす。

 

ザバッ、ザバッ、ザバッ

 

彼(彼なのか彼女なのか老婆なのか狼なのか知らないが)はどうやら川の中を上流の方に四つん這いになって歩いて行く。

 

背中はやや平べったくて、やたらでかい。

暗くてよくわからなかったが、薄いグレー系のような茶系のような色で、

でも、あきらかにたぬきではなかったし、イノシシとも違う。

熊ならもっと色が濃いだろうし、ヌートリア? 

 

 f:id:sikanosuke6:20191122142445j:plain

 (わたしはヌートリアではないです)

 

(ここでちょっとミニ知識)

ヌートリアなるものをご存じだろうか?

ヌートリアというのは、ネズミの仲間でネズミに比べたらとんでもなく大きい

外来種の動物だ。別名を沼狸というそうだ。見た目はカピバラなどに近い。

農作物を食い荒らしたり、水路などを決壊させたりもするらしい。

                       

 

しかしヌートリアなら川の中を移動するとしたら泳ぐでしょう。

彼(彼女?)は確かに歩いている風だった。

水深はさほど深くはないが、それでもヌートリアが泳ぐには十分な深さはある。

 

じゃあカピバラ

いや、カピバラはもうちょっと背中が山型になってない?

 

とかなんとか、ああでもないこうでもないと

女ふたりが推測する。

 

懐中電灯でその怪しげな生物を追っていくと

彼はザバザバと音をたてながら川上に向かって水の中を進み

姿を消した。

 

「……? なんだった?」

「……? さぁ~?」

 

とりあえず死体遺棄ではなさそうだ。

(あたりまえだ)

口封じにここにやってくることはないだろう。

 

夜勤をしていると様々な摩訶不思議な現象をたびたび経験する。

 

 

そしておだやかに朝は来る

何事もなかったかのように

 

しかし、女ふたりは興奮が冷めやらないまま

朝を迎えた。

 

日勤の職員たちに話しても

「どうせそりゃ、ヌートリアかなんかだったんだよ」

「あんたたち、寝ぼけていたんじゃない?」

とか。

あっさり聞き流された。

 

玉ねぎの腐ったやつのような、

衝撃的な臭いでも残っていれば

ことの顛末をみんなに証明できたのに……。

 

結局、やつは……だれ??? 

 

(スポンサーリンク) 

置くだけ簡単!猫被害ストップ!【猫よけグッズの番人くん】 

 

  

 ペットの臭いを酸素の力でしっかり消臭・抗菌