sikanosuke6’s blog

引き寄せ・潜在意識・宇宙の法則……その他こんなこと、あんなこと

平和ボケ世代の過ちは? 惨劇の償いを子どもたちにさせてはいけない

          ちょっと固いお話ですみません

 

 

滅多に父親にまで連絡をしてくることなんてない東京に住む息子が

あの日、私たち両親それぞれの携帯にメールをしてきた。

 

地震で、すごく揺れている」と。

「あの子がこんなことを言ってくるなんて、よほどのことじゃない?」

夫にそう言ったのを覚えている。

 

地震発生直後の知らせで、まだ何の情報もない時点でのことだった。

 

東京という日本の中心が、もしや、大変なことになったのでは? 

と底知れぬ恐怖を感じた。

 

ところが、未曽有の被害がもたらされたのは北陸だった。

 

 

    f:id:sikanosuke6:20200224142812j:plain


 

東日本大震災3.11

 

東日本大震災は揺れだけではなく、

崩壊、津波、火災、放射能漏れなど、

想像だにしない、フィクションのような出来事が

考えられない規模で現実として起きてしまった。

 

そして今尚、

仮設住宅に暮らす人々、行方の分からない方々、

故郷に戻れない人たち、あるいはまた、

あの震災で体の自由を奪われたり、

心に癒えない痛みを抱えておられる方もたくさんいらっしゃる。

 

震災からの9年目の今日、

行われるはずであった追悼式。

 

思いがけずこれもまた、未曽有のウイルスの感染拡大防止のために

やむなく例年通りの式典は行えなくなった。

 

去年2019年の相次ぐ台風などの自然災害、

ここでも尊い命をたくさん失っている。

未だ生活の目途のたたない方もおられる。

 

 

昨日のニュースは

今日のニュースで忘れ去られ、

 

今日のニュースは

あしたの出来事に覆われていく。

 

 

直接の被災者や、関係者でないかぎり、

それ以外の多くは、それらの出来事を

対岸の火事を見つめるかのように

 

日々、目まぐるしく変わっていく三面記事をただめくっているだけだとしたら

本当に申し訳なく、やるせない。

 

 

戦後生まれた昭和後期の我々は

ちょうど高度経済成長期の真っただ中の日本において

平和であることにどっぷりと浸かりながら

それを当然のこととし、

なお且つ、

さらに必要以上の便利さを求め過ぎたのでは?

 

平和であるがゆえの安堵感のようなものを当たり前に抱いて

何をしても許される気になっていたのでは?

 

ちょうど、夜のお祭りや花火大会を終えた翌朝

そこら中に散乱している、

陽の目に当ったゴミをみて絶句するような

そんな光景とさしてちがわない気がする。

 

我々がきれいな中身だけを取り出して、

あとはそこら中に捨てた殻がゴミとなって散らばっている。

 

けれども気付いていないのは、

もしかしたら捨ててきたものの方が大切なものであって

きれいだと思って手にしたものは

見栄や欲であったり、自尊心とか意地、そんな虚栄心や世間体

そんな形のないガラクタだったのかもしれない。

  

  f:id:sikanosuke6:20200224145448j:plain


  

 

9年前の、3.11を知らない、あるいは幼すぎて記憶にない子供たちが

9年経ったいま、その映像を目にして驚愕していたと同時に、

「自分たちがこれを次の世代に伝えていかなければならない」そう口にしていた。

 

頭が下がる思いだった、そして

胸に突き刺さった。

 

 


人気ブログランキング

参加していますクリックお願いします

 

sikanosuke6.hatenablog.com

sikanosuke6.hatenablog.com

sikanosuke6.hatenablog.com

sikanosuke6.hatenablog.com

sikanosuke6.hatenablog.com

 

 

ひとはな

午前12時までの注文で花束・ブーケを最短翌日配送【HitoHana(ひとはな)】平均レビュー4.5以上

 

産地直送で胡蝶蘭を配送【HitoHana】